グルメ

A5ランクの潮彩牛と新鮮ホッカイシマエビが楽しめる「ミートハウスながの」

「北海道を旅行する。その土地の新鮮な海の幸を食べる。」

特に海産物の豊富な道東なら、王道とも言えるこの行為ですが…。もしも、仮にですよ?

「新鮮な海鮮もしっかりと満喫しつつ、その土地のブランド牛も食べることができる」

海鮮かブランド牛か、どちらか決めきれない優柔不断なアナタなら、そんな最高なお店があったらどうしますか?もちろん選びますよね?

そんな都合のいいお店が…別海町にあるんです。と言うことで、今回はそんな水陸兼ね備えた別海町にある「ミートハウスながの」をご紹介させていただきます!

がっつり肉食にはたまらない「潮彩牛」

手塩にかけて育てた黒毛和牛「潮彩牛(しおさいうし)」の魅力を満喫するなら、「潮彩プレート」一択です。ステーキとハンバーグの両雄並び立つ姿に、否応なしにテンション上がります。本当においしいお肉を食べたときって、「おいしいっ!」っていう感想しか出てこないの、どうしてなんでしょうね?

ランチにオススメなのは「ローストビーフ丼」です。柔らかなローストビーフに箸が止まらない。序盤は半熟の卵を崩さないようにして、後半で一気に崩して味変して食べようと画策するのですが、いつも欲望に負けて途中で突っついてしまう…でもそれはそれで最高だから良しとしましょう。

少し寒い時期に絶対に食べていただきたいのが「潮彩牛のビーフシチュー」。ゴロっと贅沢に入った食べ応えのある牛肉がね…本当においしくて…。これを目当てに別海まで通うレベルです。

別海町野付産の贅沢海鮮も食べられます

別海町の野付湾と言えば「ホッカイシマエビ」が有名です。茹でると鮮やかな真っ赤になることから「海のルビー」なんて呼ばれています。味は濃厚の一言!地元民はホッカイシマエビを食べるとき、みんな無言になります。

さらに野付産のホタテやホッキも最高!新鮮な状態のものをすぐに調理していただけるので、歯ごたえとか風味が段違い。

お店がある場所がそもそも「絶景ポイント」

野付湾沿いにあるお店の周辺は北海道らしく雄大で、すぐそばに流れる飛雁(とびかり)川では、カナディアンカヌーなどのアクティビティを体験できます。

そして冬は、結氷した野付湾の上でできるワカサギ釣りなども盛ん。知床連山や国後島がぐるっと広がるパノラマは、息をのむほど美しいんです。

道東の知床ねむろエリアにある別海町の「ミートハウスながの」。おいしいブランド牛と新鮮な海鮮が楽しめるお店です。クルーズやトドワラなど、別海町観光に訪れた際はぜひお立ち寄りください!

住所:〒086-1642 北海道野付郡別海町尾岱沼岬町

電話番号:0153-86-2368

公式サイト:http://farm-nagano.jp/

 

この記事は北海道テレビ放送株式会社のメディア『SODANE』にも配信しています。

編集長 | | 他の記事

知床ねむろ観光連盟 事務局長。知床ねむろマガジン編集長。「流氷に乗ってアザラシと一緒に流れてきたのを拾った子」と母に言われて育ちました。

関連記事

知床ねむろ公式サイト EKARI

LINE登録して最新情報を受け取ろう!

知床ねむろアドベンチャートラベル特集