グルメ

北海道グルメ「ジンギスカン」「海鮮丼」を食べるなら『知床ジンギスカンそら』が鉄板

「北海道観光で絶対食べたいグルメと言えば?」

海鮮丼、ラーメン、スープカレー、そしてジンギスカンは絶対に上位に食い込む定番ですよね。

北海道のご当地グルメとして知られるジンギスカンですが、北海道で生まれ育った身からすると、もともとは「お店で食べる」という感覚がありませんでした。

休日に仲間が集まって庭で焼き肉する時に、ジンギスカン(ジンカンと呼ぶ地域もあるかも)もあわせて買っていって、もやしと一緒にどばっと焼いて食べる…そんな文化だったのです。

しかし!そんな子供の時から染み付いた感覚をいい意味で払拭してくれたのが、道東の中標津町にある「知床ジンギスカンそら」なんです!

モダンな店構え、気遣いのいき届いた接客、くさみが少なく初めてでも食べやすいお肉。道東を観光するなら、ぜひぜひ訪れて欲しいお店です。

大きく変わるジンギスカンに対する先入観

スーパーで購入するジンギスカンのイメージって、お肉やもやしが甘辛いタレに最初から完全に浸かっていて、そのまま一緒に豪快に焼く!って感じで、肉そのものの味を楽しむ食べ方ではなかった気がします。(誤解のないように言っておくと、それもまた最高なのですが)

しかし、そらのジンギスカンはそれ以外にも、新しい扉を開けてくれます。中でもおすすめが「知床塩ジンギスカン」。網で焼いた後に柚子胡椒や梅肉などの薬味をお好みでつけて食べる方式で、肉本来の旨味がより強調される気がします。旨すぎる…!

そして絶品の「ラムタン」。七輪で片面だけ焼いて食べるラムタンは、香ばしい&ジューシーが両立する最高の食感。ジンギスカンの、そしてラム肉の食べ方にこんな世界があったなんて知らなかったなぁ…と、体験した人はもれなく感じることでしょう。

充実のランチメニュー&サイドメニュー

「知床ジンギスカンそら」のすごいところは、夜にみんなでワイワイやりながら焼いて食べるだけじゃないところ。お得で手軽なランチメニューも充実しているので、例えば中標津空港に降り立ってから知床羅臼に向かう前にランチしてから…という願いも満たしてくれるのです。

「ラム丼」などの心惹かれる丼メニューも充実していて、「ゆっくりジンギスカンを焼いて食べる時間はないけど、ラム肉は食べたい!」という弾丸旅行の際にも強い味方。

そして最後に、そらの凄いところの中でも一番すごいと思うところ。それは、絶品の海鮮丼も食べられてしまうこと!

ウニ丼やイクラ丼、そして写真のようにハーフもあります。ランチで訪れた際に食べるもよし、ジンギスカンを堪能した後に、「〆のウニ丼」「〆のイクラ丼」として食べるのも最高なのです。

北海道旅行で食べたいグルメの上位「ジンギスカン」「海鮮丼」を1店舗で楽しめてしまう知床ジンギスカンそら。根室中標津空港を起点に道東を周遊する旅の際に、ぜひ訪れて欲しいお店です。

住所:北海道標津郡中標津町緑町南1丁目2

電話番号:0153-73-1100

公式サイト:http://shiretoko-sora.com/menu

 

この記事は北海道テレビ放送株式会社のメディア『SODANE』にも配信しています。

編集長 | | 他の記事

知床ねむろ観光連盟 事務局長。知床ねむろマガジン編集長。「流氷に乗ってアザラシと一緒に流れてきたのを拾った子」と母に言われて育ちました。

関連記事

知床ねむろ公式サイト EKARI

LINE登録して最新情報を受け取ろう!

知床ねむろアドベンチャートラベル特集